DJ光邦と司法書士のスマイル法you★

第2・4水曜日 17:25~ONAIR
DJ光邦と司法書士のスマイル法you★FMヨコハマ84.7第2・第4水曜日17:25~放送中

昔の借金の請求が届いた

 利用した覚えのない名前の金融会社から、借金返済の請求書が届きました。 借主の名前は確かに私です。私は何年か前、消費者金融を何社か利用していた時期がありまして、払い終わってない借金があったか?と聞かれれば、有ったような無かったような・・・

 請求書には、今なら毎月3,000円の分割払いでも良い、と書いてあります。このくらいなら支払えそうなので、払った方がいいのでしょうか? ちなみに請求額は、元金12万円、損害金16万円とあります。 [相談者 山本さん(仮名)]

ユーキくんのアドバイス

 山本さん、よく相談していただけました。まず本当に自分の借金なのか、思い出してください。

 ここ何年かで消費者金融業界は、事業譲渡や社名変更がいくつかあり、聞き覚えが無くても、自分の借金であるかもしれません。インターネットを使って、心当たりのある会社の社名の変遷などを調べてみたら、思い出すかもしれません。

 その結果、「どうやら自分が借りたものらしい。」となっても、 ちょっと待ってください。

 消費者金融からの借金は、最後の借入又は返済から、5年が経過していると、時効によって借金が消滅することがあります。 最後にいつ利用したか、最後にいつ返済したかを、よく思い出してください。ここで、最後の取引から5年を経過していても、時効の通知を出す前に、1,000円でも支払ってしまうと、時効が認められなくなってしまうので、注意してください。

 ここまで思い出そうとしてみても、やっぱり心当たりが無い場合、架空請求かもしれません。架空請求に対しては、むやみに問い合わせをせず、そのまま放置しておきましょう。そのうち請求は来なくなります。

 でも、裁判所から通知が来た場合には、必ず開封して内容を確認し、反論をしないと、裁判に負けてしまうことがありますので、放っておいてはいけません。

 このような時や、不安に思うとき、手続についてもっと聞きたいときは、司法書士に相談してみてください。

昔の借金の請求書が届いたら、順番にチェックしてみましょう。

  • 自分の借金か思い出す
  • 借入または返済から5年が経過しているか確認
  • 架空請求を疑う
  • 裁判所から通知がきたら、必ず内容を確認する

| 前へ | 一覧に戻る | 次へ |

▲ページのトップへ戻る